ただいまぁ     
Text Size :  A A A
  日記    About    美鈴    Link    Bbs    Contact  

●【美鈴のこと】  こうして美鈴は、うちの下宿猫になった (2008年5月)

Img_84bfff301267c2f9a5a6b2cc7e09ed23
美鈴   ( 2008年4月21日捕獲   22日避妊手術   23日退院  /  写真は4月29日撮影 )


               
   「 こうして美鈴は、うちの下宿猫になった 」       (2008年 5月)



半年以上前から、気になっている野良猫ちゃんがいました。

その野良猫ちゃんは頻繁に妊娠していて、大きなお腹を抱えて歩いている姿を私はよく見かけていました。

だからといって、私は、どうしていいかわからなかった。
保護したところで、何頭いるかわからないお腹の子と、その母猫の全部の面倒なんて私に見られるわけがないし。
だから安易に関わっちゃダメだ。自分にはどうすることもできないよ。ムリムリムリムリ。

心のどこかで「どうにかしたい」と思う気持ちが沸くのを「いや、それは安易だ」と思いなおし
「ゴメン」と心の中でつぶやいて、この半年間ずっと、見て見ぬふりをし続けてきました。

  
だけど、やっぱり繰り返す妊娠。
あの子また大きいお腹で歩いてる。
この間生まれたはずの赤ちゃんは見かけないけど、どうしたんだろう。
もうだめだ。放っておけないよ。
で、2008年の4月下旬。
どこへ出かけても新緑とお花がきれいなこの時期に私は、その子に避妊手術を受けさせる方向で行動を開始しました。
そして手術し、抜糸が終わったら、お外に戻す!…はずだったんですが。
 
…あー!私はバカです。
私はこの子を、「もう野良ちゃんにはしない」 と、決心してしまいました。
実家の母に私の決意を話したところ、「何考えてんだーっ!!」 と、カンカンで。 
当分の間、口を聞いてもらえそうにありません。トホホ…。
 
それでも、それでもやっぱり私は決めました。家族で話し合った結果です。
ごめんなお母さん。親に心配かけています。
  
飼い主になってくれる人を探すのが非常に難しいことは、わかっているつもりです。
この子は仔猫ではありませんし、出産も複数回、経験しています。
しかし私は(そして私の家族は)この子を大事にしてくださる方を精一杯探したい、そのように今、強く思っています。
 
もう決めちゃいましたから、後には引けません。
いや、引きません。
な〜んて強気で言ってみたけれど、こんなこと、したこともないから、実は不安でいっぱいなのが正直なところです。

この子を大事にしてくれる人と、本当に出会えるんだろうか。

ふと不安な気持ちになった時、私はみーたんの顔を見に行きます。
すると、不安はふっとびます。

大丈夫。
この子なら、どこへでも行ける。
 
そう思えます。

この子「が」いいって言ってくれる人がどこかにいるんじゃないかな、と。
あせらず、気長に、でも頑張って、探そうと思います。

たまにはホロリと涙出るかもしれないけどね、あたしゃー負けないよ〜。(…たぶん)    




                                   保護した経緯  ( と 今の気持ち )

                                                ( 2008年5月 記 )


※ 追記  2008年11月3日、美鈴の家族募集を取り下げ、美鈴は正式に我が家の一員としました。

●お外にいたときの美鈴

Img_249b2f1841e92e7773698935ce862d79
←これは、お外にいたときの美鈴の唯一の写真です。
 2008年3月14日、携帯電話のカメラで室内から撮影。
 このとき妊娠していて、美鈴のお腹はパンパンでした。
 お腹の子は、近所の人によると皆亡くなってしまったそうです。
  
  この日、私は初めて美鈴にカメラを向けました。
 それまではできるだけ知らんぷりをするように努めてきたので
 写真に写そうとしたことはありませんでした。
 しかしなぜかこの日だけは、カメラを向けました。
 
  どうにかしたい気持ちが強く固くなってきた頃です。
 知らんぷりをやめる道を探り始めていた頃です。
 だからこの時はカメラを向けることができたのかもしれません。
 
             
               ( 網戸越しなので、見づらい写真です )