Img20091207230118
公園のじゅうたん。
Img20091212232002
私を産んだ人と、私から産まれた人。
Img20091213095811
Img1b20091213095811
Img1c20091213095811
Img2a20091213095811
Img2b20091213095811
2009.12.06.
Img2c20091213095811
子どもが産まれる前は
子どもをたくさん撮ってみたいと思っていた。
ムスメが産まれて、思う存分子どもの写真を撮った。
やがて猫が来た。
猫の写真を存分に写せた。
そして
辛い気持ちが表面化してきたころから
想いを馳せるように、空や月にカメラを向けるようになった。
辛いことがハッキリして、どん底にいたときは
ご飯を作っては食卓ばかりを写していた。
秋になったら、雲の形が面白くてカメラを向け続けた。
空の色に、敏感になった。
そうしたら自然の色にも敏感になった。
服装まで色を楽しむようになった。
そうしたら、外出が楽しくなった。
仕事もみつかり、毎日元気に出発できる。
大変だと思うこともあるけど、行きたくないと思ったことは一度もない。
不安はあるといえばあるけど、そんなの誰でも同じだ。
不安はあるけど、迷いはない。
さぁぁてと!